カジノ法案の内容や背景と今後の課題

オンラインカジノの知識

カジノ法案とは、カジノの合法化を目的とした法案になります。経済的効果を目的に、可決されているのです。
そもそもその法案が通る前までは、カジノなどの賭博施設は合法化されていませんでした。いわゆる賭博目的の施設は、日本では本来禁じられているのです。

その証拠に、日本にはカジノという施設が存在しません。一応はパチンコや競馬場などは存在していますが、合法的なカジノは殆ど見られない状況です。

それを合法化する為の法案という事になりますが、目的は経済効果の大きさです。そもそもカジノで誰かが賭け事を行ってくれれば、お金が動く事だけは間違いありません。賭けた結果、もちろん大きな利益が発生する事はあるでしょう。

その逆に、大負けしてしまう事もあります。ただどちらの状況になったとしても、かなり大きなお金が動く事だけは間違いありません。少なくともカジノに対しては、利益が生じる事にはなるでしょう。

カジノは問題点も多いが経済的効果は計り知れない

その経済的効果は、かなり大きいと期待されています。マーケットの規模にすれば、実に1兆円半ばとも言われているのです。
しかも、その数字は一部の地域にカジノを作った時の話です。全国の色々なエリアにカジノを使った暁には、さらに大きな経済効果が発生すると期待されています。

この経済効果に期待する理由は、国力の増強などがあります。日本をさらに強くする目的などがあり、カジノ法案が提示されたという背景があるのです。
逆にカジノ法案には、負の一面もあると強調されている場合があります。例えばよく言われる依存症です。

カジノでのギャンブル依存症増加と治安悪化の懸念

現にギャンブルに依存してしまう方々は、とても多いです。身の回りの方々を観察してみますと、パチンコや競馬に没頭している光景を目撃する事もあるでしょう。カジノ法案をきっかけに、その依存症がさらに拡大するという意見もあります。

それと治安に関する問題です。カジノが作られるのは良いですが、問題はそれが建設された周辺地域に対する治安です。
賭博関連の施設が建設された時には、周辺の治安が悪くなってしまうと懸念される事もあります。現に海外では、カジノ周辺で若干治安が悪くなっている事もあるのです。

このためカジノ法案に関する審議の際に、ギャンブル依存症の対策などもかなり議論されました。治安に関する問題も議論され、一旦は再提出なども行われていたのです。様々な議論を重ね、最終的には可決に至っています。

時が来れば過半数の意見で押し切られる

ですから結局カジノ法案は、プラスとマイナスの側面がある事だけは間違いないでしょう。経済効果などは、確かに期待できます。それで国力を強くするという考え方自体は、決して間違いではありません。むしろ完全に正しいです。

しかしプラスの効果を期待するなら、マイナスの側面もきちんと論じておく必要はあるでしょう。それを考えれば、上記のように慎重に議論が行われたという流れは、全く間違いでなかったと考えます。

ただ一番の課題は、やはり住民の理解でしょう。確かに経済効果は期待できるのですが、住民からすれば治安の悪化が心配という声も、よく分かります。

ですから、その辺りの不安払拭や対策をよく講じることが大切だと考えます。何せ大型の施設を作るにしても、どうしても住民の理解は必要だからです。一方的に施設を作ろうと思っても、反対の声が大きければ難しくなってしまうでしょう。

カジノはメリットが大きい事を理解してもらう事が必要

このため上記のような経済効果をきちんと説明すると共に、カジノ法案に関するメリットなども、住民には丁寧に説明する必要はあるでしょう。それを怠ってしまいますと、悪い法律であると評価されてしまう可能性はあります。住民に理解を求める姿勢は、やはり大切です。

ただ総合的に見れば、カジノ法案自体は別に間違いでないと考えます。法案に関連する様々な施策なども抜かりなく実行していけば、最終的には良い結果になると期待しています。

そして最後に最近話題になっているオンラインカジノの事について話をしたいと思います。

オンラインカジノは最近では日本人プレイヤーが続々と増え続けている模様ですが、TVなどでもオンラインカジノ利用者逮捕などのニュースが放送され、危険なものだというイメージが定着してしまいました。

これについて話をすると、オンラインカジノは海外では1990年代から存在するかなりメジャーなギャンブルです。
最近の人気なサイトはクイーンカジノやベラジョンカジノなど。

人気のクイーンカジノ、口コミや評判のまとめページはコチラ

オンラインカジノ利用で逮捕の真相は色々と事情があるようなのですが詳細はまた別の機会にしようと思います。

ひとつだけ言える事があるとすれば、オンラインカジノは遊ぶサイトを間違わなければ問題ないのではないかと思います。

事実として逮捕されたオンラインカジノのプレイヤー以外にもオンラインカジノの利用者は増え続けている一方なのですから。

しかし、アダルトサイトにしかり既存の仕組みを中々変えることができないのが我が国日本ですね。アダルト関連にしても線引きが曖昧なのでデジテンツのようなサイトが蔓延するのでしょう。

今回記事にしたカジノ関連の法案もそうですがいろんな所を大きく変えていってほしいと願う次第です。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

オンラインカジノの知識
インターカジノについて調べてみた

1996年に設立されたInterCasinoは、世界で最初のオンラインカジノであり、賭けをしました。 …

オンラインカジノの知識
ジャックポットシティカジノについて調べてみた

オンラインカジノJackpot Cityは常に成長しています。現時点では、Malimedia、Dig …

オンラインカジノの知識
ワンダリーノカジノについて調べてみた

マルタを拠点とするRhinoceros Operations Ltd.が所有し運営するWunderi …